一人暮らし 節約

一人暮らしの節約法

一人暮らしというのは、そのままでいるとだらだらとお金を使いがちになります。節約生活を送る際に必須なのは、「最低3ヶ月だけでも家計簿をつける」ことです。

家計簿

家計簿は市販の家計簿を使わなくても、大学ノートや家計簿ソフトやネット家計簿サービスなど何でも構いません。
お金が普段どのように流れているのかを把握することで、無駄なお金を減らすことが出来ます。もし、家計簿つけられない…というひとは「ここでお金を使いすぎているなあ…」と思ってる費用だけを重点的に手帳等にレシート記録することで、使いすぎを抑えることができます。
実際に使ってるお金が数字となって明らかになることで、コスト意識を目覚めさせることができるというわけなのです。

 

どこから節約するの

どこから節約すればいいのかわからない…というひとは、「食費」「(固定・携帯合わせての)電話料金」「交際費」に目を付けてここの節約を重点的にすると効果的に生活費を抑えることができます。

 

まず、食費ですが、基本的に外食よりは自炊の方がローコストで済むことが出来ます。自炊をするにしても、買い物の仕方や作るレシピによって大きく変わってくる費用です。例えば
何日分か作り置きをしておいたり、まとめ買い、冷凍のストックを作るなどの工夫でコストを抑えることが出来ます。ただし、食費はあなたの健康を維持するためにも大切な費用でもあるので、削りすぎは注意が必要です。ですが、上手に節約すれば効果を上げることができます。
最近の若者にとって気にしなくてはいけないのが携帯電話の使用料。一人では寂しいからと、ついつい電話代やパケット仕様代がかかってしまっている人は少なくないと思われます。特に最近の人は固定電話を引かず、携帯電話だけを使っているひとり暮らしの人も多いので、知らない間に使用料がとんでもないことに…ということも。現在の料金プランが自分の生活に合っているのか確認する必要があります。また電話の時間を減らすことが難しい場合は、IP電話などの固定電話に切り替えるなどでコスト削減効果を上げることもできます。
人間関係の広い人にとって、気になる費用が交際費。飲み会や付き合いがかさむことによって知らない間に支出が多くなってる…ということも少なくありません。飲み会は安くて美味しいお店を選んだり、ホームパーティのスタイルに帰ることによってコストを減らすことが可能です。
いずれにしても節約をするには、高く付いている費用を集中して絞るのが一番効果が現れます。「ここでムダ使いしていた」「ここを節約しなくては」と意識することで、節約生活も楽しみながら送ることが出来るのです。